スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある出会い? と拝読中の本

昨日は、義父の月命日でした。
そんなわけで、お寺さんがおみえになりました。
近所のお寺の院主さんに代わって時々みえる方。
私よりもずっと若く、まじめな方という印象。

お経を詠み終え、お茶を差し上げると、
「玄関の、あれはなんですか?」
と。
実は門扉の所に、8月に出版した本のチラシっぽいのを貼りつけていました。
そう言えば久しぶりにみえたお寺さん。
で、学生時代から友人と小説を書いていること、それを出版したことをお伝えしました。

SFということで、私がいつも一緒にお経を唱えていることもあげ、仏教はSFっぽい所があるという話に。
「仏さん、いるって思いますか?」
即答で
「はい」
と答え、何故そう思うかの話に。

その中身を書くとかなり長くなりそうなので、ここでは書きませんが、そう思えるような体験を何度かしていたことにも話が及んで……。
お寺さん自身のお話も少しお聞きしました。

学生時代、仏教について学んできたものの、仏様がいるかと訊かれたら、「はい」とはなかなか言えないと言います。宗教的な物としてよりも、精神論、哲学、生き方、そちらの方へ話が行く。
そんな自分に風穴を開けてくれた本があるそうで。
たまたま鞄に持ち合わせていたその本を、
「差し上げます」
と、くださったのです。
もう絶版になっているとのことで、この方もネットで求めたということでした。
そんな貴重なご本をいいのかなと、思ったのですが。
「なんだか今日、これを持っていたのはあなたに差し上げるためのような気がするんです」

書かれているのは天台宗の僧侶さん。
このお寺さん自身は真言宗の方ですが、浄土宗なども学んでこられたそうです。

この前から主人の叔父の法事など、仏事に触れることが多かったわけですが、何か私の中でも求めている物があったからでしょうか。

終わりに、私の体のことも気にかけていただいて、
「お薬師さんの真言を中心に唱えるようになさったらいいですよ」
と、ありがたい、優しい言葉をかけていただきました。
私と晶惺さんの本も読んで下さるそうで、本当に感謝です。

実は今心配な身内が3人。友達も何人か……。
自分自身までなんだか気持ちが沈みがちでしたが、何だか見えない力添えをいただいたように思います。

これからじっくりと拝読したいと思っています。

道を求めて

「求道遍歴 十二年籠山、そしてその後」(堀沢祖門著 法蔵館)





スポンサーサイト

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

No title

アメーバの方にも書かれていましたが
ちょっと声を掛けてあげるだけで
元気になれるんですよね(*゚▽゚*)。

私の友達で気持ちが辛くなると
1時間位話を聞いてもらいたくて
電話をしてきます。
私は医師ではないので投薬は
出来ないけれど、
少しでも彼女の心が穏やかになってくれればと
聞いてあげています。

前向きな言葉を唱えるだけで
心も元気になってくれるみたいです(^-^)
私は毎日ノートに書いて声に出しています。

Re: No title

さくらっちさん、ありがとうございます。

不安とかは自分の中に溜めこんでいると、余計に大きくなってしまいますよね。
お医者さんの薬では、不安とかは取り除けないから、やっぱり周りが心を向けることも大事なんですね。

自分がへたっていたら、かえって心配かけちゃうので、元気になれる言葉を自分にもかけて行こうと思います。
書くっていうことも、ありですね~。
ありがとうございます。参考にさせてね。

非公開コメント

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。