スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆に見守られて(本出版までの日々) その14 初めての自費出版

そして卒業の日までに私たちの初めての本ができあがりました。

オフセット印刷、印刷屋さんによる和文タイプライターと私たちのイラストで版を作り、B5オフセットで100冊。




こんな感じの本です。
表紙


中身はこんな感じです。
005.jpg


卒業式の日、自費出版記念の写真
卒業の日、本を手に



お値段は1冊2,000円以上になりましたが、素人の私たちの本がそんな値段で売れるわけがない。
とにかく手に取ってもらうために、と500円を切るお値段にして、10冊は晶惺さん行きつけの本屋さん、10冊はその当時大阪梅田にあった書店さん(ここでは同人誌などのコーナーもありました)に置いてもらうことにしました。
残りは友達や親戚、知人、短大の教授や講師の先生方が買って下さったり、プレゼントしたり。
もちろん祖母との約束でもありましたから、1冊は仏壇にお供えして。
そう……。祖母の枕元での約束が一つ、果たせたのです。
出来上がった直後は本当にうれしくて。
今のようにワープロやパソコンはお手軽なものではなく、原稿も全て手書きでしたから、自分たちの文章が活字になっているだけで、ただそれだけでも、舞い踊るような大喜びぶりでした。

実は在学中の就職活動は二人とも失敗に終わっていたんですけれど。
晶惺さんは卒業後に就職が決まりました。
私は父との約束で1社のみの面接でしたから、それ以上の就職活動はできないことになってしまいました。
それが本を出してもいいという条件でもあったのです。

そうして密度の濃い短大2年間はあっという間に過ぎてしまいました。
卒業の日までに一つの形になったこと、今ではよくやったな~と思います。
けれど正直、満足であるかといえば、そうではなかった。
本の体裁も、文章、イラスト、構成……全てに不満が残りました。
未熟さは出した直後にすでに感じていたし、何よりもまだ物語は続いています。
これが終わりというわけではなかったのでした。


(つづく)


スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。