スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆に見守られて(本出版までの日々) その10 本にしよう

そんなわけでタカちゃんのお姉さんに読んでもらうことに。
もちろん手元にその原稿がない状態でも、続きの部分を書いていました。

第1作目の続きの所と、過去のお話。
「Destiny」でも登場したラグナロクという組織(その時は別の名前でしたが)との物語。
今では当時の設定とかなり違っていますが、「Destiny」の土台となった話。
この二つを二人で交代で書いていました。

やがてお姉さんから原稿が返ってきました。
B5のルーズリーフ10ページ分のすごい感想つきで。
とても楽しんでくれたということ。
そして疑問に思った事。
付けていた挿絵の批評。
ここは変じゃないかということも、事細かに記されていました。
最後にはお姉さんの手による、ヘスティさん(「Destiny」に少しだけ登場したエディの父の友達です)のイラストが描かれていました。
思ったまま、遠慮なく書いてくださいというこちらの希望通り、厳しい意見もふんだんにあって、本当に嬉しかったです。
それだけこちらの世界に入って来てくれたっていうことですからね。
それに妹の友達というだけで、見ず知らずの人間にはっきりだめだししてくださる気持ちがありがたかったです。

それを読んで、よ~し。もっといい物に仕上げよう。
私たちの中で何かに火が付いた気がしました。

こんな風にもっと色んな人に読んでほしいね。
二人でそんな話をするようになっていきます。

そしてある時の学校帰り、私たちは中学時代の共通の友達Nさんの家へ行くことにしました。
どういういきさつでそうなったのかは正確には覚えていません。

私は小学生の時、近所で子ども会も同じ友達でした。
晶惺さんは中学でNさんと出会い、友達になりました。
で、私たちが合作をしようというきっかけになった晶惺さんと友達の合作メンバーの一人。
共通の友達でありながら、短大まで晶惺さんと知り合うこともなかったために、Nさんは私たちがコンビを組んで、小説を書く間柄であることを知りません。
確かその報告も兼ねていたんじゃなかったかと思います。

Nさんは私たちの話を聞いて、
「本にしたら、どうなん?」
と、提案しました。
「出版ってことだと大変だけど、印刷屋さんで簡単な製本とかしてくれるよ」

そんな情報を得て、ますますやる気に。
それには費用も掛かります。
私たちにはかなりの大金でした。
私は近所の男の子に英語を教える家庭教師みたいなことをしているくらい。
お小遣いも殆どなく、家計が大変な月は小遣いなしの時も多かったです。
それでもどこかへ遊びに行ったり、おしゃれしたりすることもなく、大好きな映画も年に1度くらいに絞って、あとはテレビで放送されるのを待つくらいで、ちょっとずつ貯めていた貯金があります。
それを全部つぎ込んでも、本にしたい。
そんな思いが膨らんでいきました。

執筆中
晶惺さん撮影 白馬の某ペンションで執筆中の私


スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。