スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆に見守られて(本出版までの日々) その9 楽しかった日々

晶惺さんとの合作小説の執筆は、青春そのものだったかもしれないです。
周りの友達もそれぞれ何かに夢中になって楽しんでいました。それと同じように、作品世界を語り合い、書くことを楽しんでいました。

その当時はルーズリーフに挿絵も入れて、毎日交代で書きあったり、講義の空き時間に学生食堂の片隅で構想を練ったりしました。
ある程度まで書けたら周りの友達に読んでもらったり、イラストを描いて来ては見せ合いっこしたりして。


ダニエルとヘルマン
lumix 074
エディ
ダグラスとパトリシア
ダグラスとヨーハンの手
(当時の二人のイラストです)


今のようにパソコンがあるわけでもなく、プリンターもあるわけでなく、ワープロでさえ、そんな機械があるそうだけど、100万以上はするらしいという噂を耳にするくらい。できるとしたら英語科の必須科目の英文タイプライター程度です。書いた原稿を相手に渡してしまうと次回って来るまで手元にはなにもありません。
構想自体は一応練っていたけれども、それを文章におこすと、自分が考えてもいなかったようなことが書かれて、帰って来ることがあります。それも楽しみで、わくわくしながら待っていました。


周りの友達も次第に、私たちの世界を楽しんでくれるようになりました。
登場人物のファンもできてきました。

今まで誰かに読んでもらって感想を聞く。
そんな経験がなかったので、そんなことも楽しんで。

やがて第1作が完成しました。
「Destiny」より7年後の物語です。
当時はそこからが始まりでした。

タカちゃんという友達がそれをお姉さんに読ませたいと言います。
「Destiny」で表紙を手掛けてくれたさっちゃんのご近所さんで、やはり私たちに付き合ってくれていた友達です。
少し年上のお姉さんもやはりこういうのが好きなんだそう。
友だちがこんなことをしていると言ったら是非読みたいと。

おそらくそのことがなければ、この後ン十年も書き続けることがなかったのではないか。
今から思うとそんな運命的な出会いがこの後待っていました。



スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。