スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆に見守られて(本出版までの日々) その6 淡い恋心から生まれた話

少し間があいてしまいました。これまでの経過については、プラグイン(サイドバー)にある「カテゴリ」の項目にある「本出版までの日々」から辿れます。
過去記事から順をおって読んでいただけるように設定しています。

では再開。

「Destiny」の誕生秘話でもありますよ。

晶惺さんと合作をしようということになり、まず、どんなストーリーにするかという所からスタートしました。
お互いに色んな案を出し、その中から面白そうなものを色々組み合わせたらいいのじゃないかと。

短大に入る以前から書いていた未来宇宙戦争ものと設定だけしていた話を休学中にうまく融合させて私なりに物語を考えていたものを提案しようと思い、筋書きを練りました。

設定だけしていた話、こちらはある少女が主人公でした。
宇宙人の侵略戦争で負けてしまった地球。宇宙人に支配され、奴隷のような生活をする中、新天地を求めて宇宙に旅立っていくというようなストーリーです。
少女は両親を戦争で失って、父親の親友である医師に引き取られた子です。

このお医者さんがダグラス・ワトソン。
「Destiny」で主人公のエディの後見をしていたお医者さんですね。
で、少女はその時は榊原ジュンという名前でした。

もう一つの宇宙戦記ものの方でも、軍医のハモンド中佐が信子という戦災孤児の養父になる設定でしたから、そこも被ってしまいます。

ハモンドもダグラスもイメージは同じ人。カナダ人の映画俳優さん。
後にコメディアンに転身して人気者になりますが、当時は悪役もやるバイプレーヤーでした。
まだ名前もあまり知られてなかったです。
でも私は大好きで(今もですが)どうしても彼の雰囲気の人を出したいのと、自分と関わってくれたらなあっていう夢みたいな淡い恋心から考えた設定で、今から思うと、気恥ずかしいことなんですが。


ジュンとダグラス、信子とハモンドの関係が「Destiny」ではジェミニとダグラスという形になりました。
少女が日本人でなくなったのは、自分を投影するキャラクターは作らないと、短大生になったのを機に(ちょっと大人になったつもりで)考えたからです。

今までの書き方だと、ただ自分の憧れで話が終わってしまう。そんな気がしていたので。

なので、ジュンも信子もさようなら。
榊原ジュンという名の少女は設定の中にいましたが、私の中ではすでに脇役でしかなくなりました。

ダグラスさんはどうしても外せなかったので、それからン十年、しつこく重要人物の位置を保ってくれてます。




さて……。
では主人公をどうしましょうか。

物語の筋書きによって、どういう立場のどういう性格の人か決まってきます。性別や、年齢も考えないといけないです。

それについてはまた次回


(つづく)


スポンサーサイト

テーマ : キャラクター設定/紹介
ジャンル : 小説・文学

非公開コメント

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。