上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日10月25日は父の命日に当たります。

父は獣医師でした。
幼い頃は家が診療所でしたから、父の仕事を近くで見て育った私たち姉弟です。
小学校の時は友達に、犬臭いとか、薬臭いと言われ、小さな家でしたから、貧乏だとかやぶ医者だとか、犬殺しなんて言われたりしました。
でも私は父の仕事に誇りを感じていたし、父が大好きだったです。

父はとても厳しい人で、子どもでも曲がったことは許さない、本気で叱りつけてくる人でした。
ですから、私のクラスメートにも本気で叱ったりもしていました。
仕事以外は家族と過ごすか地域のボランティア的な仕事、民生委員とか児童委員とか、PTAの会長とかをするくらいで、仕事も夜昼ない仕事でしたし、休みもあってないようなもので、自分だけの時間は殆どなかったように思います。

門限は特に厳しかったです。
暗くなるまでに帰らないと、犬小屋に放り込まれました。
冬場なんて、学校で何かしないといけなくて、遅くなってしまったら、家の前で仁王立ちで待ち構えていました。
泣いてもわめいても父がそこから出してくれることはなかったです。
母が、そっと来て出してくれ
「お父さんにあやまりなさい」
と言う具合。


今から思えば、二人で役目を分担していたようです。
正座してごめんなさいと頭を下げれば、あとは笑っておしまい。

そんな父でしたが、私は反抗期の覚えがないほど、父が大好きでした。
怖い存在のお父さん、最近は本当に見かけなくなりました。
躾けと虐待の境目がなくなったり。
私が犬小屋に入れられたことも虐待と取る人はいるでしょう。
けれど、その裏にちゃんと愛情あってのこと。
子どもだった私にもそれが分かっていたから、受け入れて、早く帰らなきゃってことを思い知ったわけです。

それは高校へ行くようになっても変わりません。
さすがに暗くなるまで、ってことならクラブや行事で遅れてしまうこともあるので、仕方ないと思ってくれたようです。
それでも、遅くなるなら家に電話を入れるように言われていて、学校の公衆電話にしょっちゅう行かなければなりませんでした。
携帯なんかない時代ですし、あっても多分持たせてくれなかったでしょうし。

多分娘が帰るまで、色んな心配をして、いらいらしながら待っていたのでしょう。
親になった今なら分かることです。


私の生き方、性格は父に作られたと言っても過言ではないでしょう。
歴史が好きなのも、小説書くのが好きなのも、その小説の中身も父の影響が大きいです。

父は心臓の病気で倒れ、その後10年余闘病していました。
弟が跡を取ってから、病気を理由に仕事を半ば引退した形で、たまに弟を手伝ってはいたのですが。
最後の3年間は入院生活。
その間母は毎日のように父の所へ通って、一日を過ごしていました。

最後の夜、母と私たち子どもたちの家族皆に見守られて、眠るように息を引き取りました。

あの日からずっと、私の心のどこかにぽっかりと穴があいてしまってます。
大切な、大きな存在をなくすということがどういう事か、うまく言えませんが、何となくわかった気がします。


今日は一日心穏やかに過ごして、亡き父と語らいたいと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。