上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋祭りの季節ですね。
こちらでも、子ども達が太鼓をたたきながら、山車を引き引き、街を練り歩いています。

振り返るとずいぶん昔子ども会の役員をしていた頃があります。
丁度こちらで震災があった年。
交通網も遮断されて、施設も閉鎖の所があちこちに。
そんなわけで、毎年やっていた行事もできない状態でした。

各地区の子ども会の役員と地域の自治会の会議の中で、お祭りも中止という声が上がっていました。
避難されている方達もいらっしゃる中で、大きな音を立てて練り歩くのはよくないんじゃないかと。

しかし毎年のことを途切れさせるのはどうか。
子ども達の楽しみが中止ばかりというのはどうか。
人間の都合で神事をないがしろにしていいのか。

等々の意見が出て、神社での太鼓を中心に、歩くのはほんのわずかな距離で、ということで、話は落ち着きました。
大きな災害の後でしたから、どうしても消極的になる。
長年続いている伝統行事はできれば、途切れて欲しくないですね。

昨年の震災の被災地でも同じような議論が上がっていると聞きます。
あまりに大きな犠牲があったわけですから、物理的にも難しい面があるのでしょうね。

一日でも早く、被災された皆さんの心の復興がかないますように……。


スポンサーサイト

テーマ : 今、思うこと。
ジャンル : 小説・文学

この前高校3年の時の担任の先生にお会いしたお話をしました。
担任の先生だけでなく、家庭科の先生や数学の先生もおられたのですけれど。
卒業後母校に行ったのは2度目です。

1度目は晶惺さんの娘さんが同校の中学に入った年。
文化祭に行くからと、晶惺さんに誘われてでした。

実はその時にお会いするつもりの先生が他にもおられて……。
1年の時の担任で社会の受け持ちだったI先生です。

やはり年賀状のやり取りはしていました。
その年賀状に「たまには母校へ帰ってらっしゃいね」と言うようなことが書いてありました。
母校はそれほど遠くにあるわけではありません。
けれど足が向きませんでした。

主人の両親との同居、義理の姉妹の子どもの守りをしていたこと、自身の子育て、主人の新事業の手伝い、介護生活突入……。

色んなことを理由に……。

けれど、行こうと思えば行けたはずでした。
それらすべて言い訳に過ぎなくて。


なので、文化祭に行った時、お会いしたいと思っていました。
けれど晶惺さんと一緒だったこと、何だか勝手にあちこち行けないような気がして、職員室を覗くこともなく、どこかですれ違わないかと、あちこちきょろきょろ。

結局お会いしないまま、帰ることに。

次の年賀状にそのことを書いた覚えがあります。
しかしそのころからでしたか、I先生からの年賀状が途絶えてしまいました。
私は相変わらず出し続けていたのですけれど。
帰って来ない返事に、せっかく母校に行きながらお会いせずに帰った不義理に気持ちを害されたのかと心配しました。
そして数年経った頃、一通のお手紙が。
I先生の妹さんと言う方から。

姉は数年前より、病に倒れ、闘病生活を続けておりましたが、先日亡くなりました。

そんな内容でした。

手紙を持ったまま、愕然と立ちすくんだのを覚えています。


またいつか、そんな日は廻って来ないことがある。



そんなことを思い知ったわけです。


ですから、今この今、大事にしないといけないな……と……。
明日に回そうでは、間に合わないこともあるのですから……。





テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ご無沙汰しています。
ほんと長く放置してしまいました。

今年は特に忙しかったお盆。
16日母の初盆の施餓鬼と送り火を炊いて、一応無事に終了しました。

一連のお盆行事が終わって、昨日8月18日、世に送り出してもらって52年になりました。

臨月も近い頃でしたか、ある時父は夢を見ました。
不思議な夢だったそうです。それが父には産まれてくる子に関する予知夢みたいに思えたそう。
その夢というのが観音様の夢だったそうで、8月18日はその縁日にあたります。
なので、絶対18日に産まれると周囲に公言。
それもその時間まで言うものだから、母はすごくプレッシャーだったともらしていました。

で、その18日になって陣痛があり父の言っていた時間かっきりに誕生したんだそうです。
それが自慢だったのか、子どもの頃は誕生日が来るたびに父に、その話をされて耳にたこ状態でした。
「観音様の日に産まれたんだから、誰かの苦しさや悩みなどにも寄り添えるような人になりなさい」
よく言われました。

また私の名前は父の姉と父が一緒に考えてくれたそうです。
「人がこの子を見てあやかりたいと思えるような人になってほしい」
ということで、「肖佳(あやか)」と。

自分自身を振り返り、父の夢のお告げ負け、名前負けになっているような気もします。
しかし今生きていること、それだけでも感謝です。
辛かったことも、嬉しかったことも全てひっくるめて、私の今を作ってくれています。
命をくれた両親、出会った人、関わったこと、全てに感謝です。
これからも1歩1歩、しっかり前を見て歩いて行きたいと思っています。

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。