上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に別のブログをしていたあやにゃんです。


ただ今はこちらで、うちの猫ウバの語りでブログをやっております。


http://ameblo.jp/ayatakelog/


よかったら、遊びに来てやってください。


いつかはfc2で、リベンジしようと準備中です。


また来ていただけたら、嬉しいです。




スポンサーサイト
おはようございます。

いつもご訪問ありがとうございます。

しばらくの間ですが、お休みします。

理由はメインのブログ、「ウバにゃんのひとりごと」に記載どおり。

現在母の状態があまりよくなく、少しでも側にいたいから。

落ち着くまでしばらくの間、ごめんください。

お久しぶりです。

2013年初めての記事ということで、遅ればせながら本年もどうぞよろしくお願いします。



昨年暮れ、母が父のもとへと旅立って、これで主人の両親、私の両親ともお別れすることになりました。
今まで心のどこかで頼りにしていた存在ですから、正直まだ寂しさが押し寄せてきます。
ブログを始めたのも母を励ますつもりででした。

それから自分自身の体のこと、母の病気のこと、これからのこと……。
考え続けた日々でした。

夢は小説家。
一応本を出せたということを母には見届けてもらいましたが、これから自分がどういうように生きて行くのか、本当に真剣に考えていきたいです。

大きな岐路に立たされている気がします。
まだこわごわですが、第1歩を踏み出したいと思います。



次回からは通常記事に戻りますね。

先月初めで中断している出版までの過程や読んだ本の紹介などしていく予定でいます。

またお立ち寄りをお待ちしています。



物語のだいたいのアウトラインを考えて、晶惺さんに提案したら、それ面白いということになりました。

異星人に支配された地球から脱出して新天地を求めて宇宙をさまよう冒険物。
で、第1話として旅立ちまでの物語を細かく考えて行こうということになりました。

……で、ここで主人公をどうするかということになります。

晶惺さんもその当時、漫画を描いたりしていました。
好きなアニメのキャラを使った、今でいう二次小説みたいな。
私もこれまで自分の作品は登場人物の顔づくりから始めていました。
好きな映画俳優さんや、身内をイメージしたキャラクター作りから。
そのイメージをもとに書くとわりとスムーズに登場人物に入っていけます。
この人ならこう考える、この人ならこう言うだろう、この人ならこう行動に移すだろう……というような。

そこでまず、どういう人を登場させたいか、とにかくお互いに人物設定をして、その中から主人公を選ぶという手順。
登場人物も色々決めていけるし、そんな中で物語の筋書きも見えてきそう。

それぞれが持ち寄ったイラストをもとに、その顔や雰囲気からどんな性格の人か、二人で話し合ったりしているうちに、その人の背景なども何となく、生れてきます。

その作業がとても楽しかった。

前回例に挙げたダグラスさんも、晶惺さんと話しているうちに私だけで考えていた頃とは違う面も見せ始めていました。



そしていよいよ、それらの中から主人公の決定です。


「ねえ、だけど。二人で書くんやから、主人公も二人にしいへん? 登場人物多なりそうやし、一人でしょっていける話やなさそうな気がする」

そんな晶惺さんの提案で、それぞれの考えた中から一人ずつ選ぶことに。

「Destiny」を読んでいただけた方なら、あれ? とここで思われるでしょう。主人公、一人だけだったと。
そうなんです。
出版のお話が具体化するまでは主人公は二人でした。
それが、1冊分で区切りのいい所でまとめようとしても、もう片方の登場場面があると、納まりきれない。
そんな理由で今回、大幅カットになったところに、もう一人の主人公がいたんです。
でも実はほんの少しだけ登場していたんですよ。
誰だったんでしょうねえ~。



まあ……こんな感じで、合作がスタートしました。

次回に続きます。
プロフィール

AYAKA

Author:AYAKA
「乳癌とエリちゃんに感謝。病気に負けない日々」を綴っていたあやにゃんです。

日々思うこと、自作小説の執筆裏話を中心にお届けします。
不定期更新ですがよろしくお願いします。

アメブロで、猫のウバとブログやってます。
http://ameblo.jp/ayatakelog/
(ウバのひとりごと)
リンクからどうぞ→




武美肖佳&龍未晶惺の名で、学生時代からの親友とこのたび文芸社から本を出版しました。

「DESTINY―遥かなる宇宙より―」
武美肖佳(たけみあやか)
龍未晶惺(たつみしょうせい)

四六版・並製268頁 
定価1,155円(消費税込み)
文芸社
ISBN978-4-286-12296-0

最新記事
最新コメント
カテゴリ
各カテゴリごとの記事は、過去記事から読めるようになっています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
こちらに参加中
よろしかったら、ポチリとお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。